PART 2 対策

 

part2は3と4の基礎です。

part3と4の勉強に入る前にpart2を固めることが先です。

短い単文さえ聞けないなら、長い複文を聞ける訳がないからです。

テスト形式で全問正解できるだけでなく、全語をハッキリ聞き取れて

全部の英文の意味が瞬時に理解できるようになってからpart3に進みましょう。

そうしないと後々にpart3と4が伸び悩む結果となります。

 

対策は公式問題集1冊part2全部の英文を瞬時に解るまでの反復。

具体的には解答解説編を見ながら聞いてと見ないで聞いての繰り返し。

直後にマネして発音すれば効果大。その際のポイントは2つです。

@ 英語のまま意味を考える

文意と状況を考えなければ、意味不明な呪文を唱えているのと同じです。

A そっくりそのまま発音する

似ている発音ができるほど、聞き取れる度合が高まります。

 

ディクテーション(書き取り)は不要です。時間が掛かり過ぎます。

書き取る代わりにICレコーダーやスマホの録音機能で

録音して再生してナレーターと自分の発音を聞き比べれば

書く時間の半分未満で効果は倍以上です。

TOEICは話す試験ではないですがpart2だけは発音練習が有効です。

本番で設問を10秒だけ記憶するための良い訓練になります。

 

解き方は下記のテクニックがあります。

@ 目を閉じる

五感は耳に。意識は音に。集中できます。

A 自分が話しかけられているつもりになる

無関係な他人の会話を遠くで聞いているようでは集中力が続きません。

B 最初の3語

大事な情報ほど前に来る傾向があります。最初の1語が最重要です。

C 会話の原則

5W1H、YesNo、AorB、これだけで半分は解けます。

D 状況の把握

2人の立場と実際の場面を想像すれば、どれが答えか分かります。

E 代名詞の特定

選択肢文中の代名詞は設問文中に先行詞があるはずです。無ければ×です。

F 同音は×

設問文の単語を含む選択肢は90%以上が×です。

G 連想は×

単語から単語の連想を誘う選択肢は×傾向です。

H 「 I don't know 」と同じ答えは〇

どんな設問に対しても「分かりません」「考え中です」「調べます」等々は〇です。

I 消去法をフル活用

ベストな答えを期待せず全ての選択肢をしっかり聞いて最もベターな選択肢。