TOEIC PART 5 対策

 

文法問題は文法で解答根拠を特定します。文意の理解は原則不要です。

解答根拠を特定していれば正解率を下げずに速く解くことができます。

ただし普段の勉強では全部つまり文意も状況も理解するようにしましょう。


文法問題にはどの文法を解っているかを試す出題意図があります。

普段の勉強では解説を丁寧に読んで出題意図を把握しましょう。

出題意図を分かっていないと同じ間違いやケアレスミスが発生します。

 

単語問題=常識問題です。文意と状況の理解が必要です。

実際の状況を考えて最も普通の英文になる単語を選びます。

どの単語を入れれば最も普通かの判断には英文読解の量が必要です。

普段から読解を中心に勉強していることが最も有効な対策となります。

 

文法と文意の両方を必要とする問題もあります。

普段から英文を読んでいる人は特に何も考えることなしに

正答=最も普通の英文になる選択肢を知識で選べるのですが

そうでない人が文法か文意で迷った場合は文法が優先です。

文意は通じても文法が正しくなければ誤答となっています。

 

試験本番でpart5に配分する時間の目安は目標点が

600以上なら15分以内、800以上なら10分以内です。

これ以上の時間を掛けると全体に悪影響が出ます。

対策は1問毎に20〜30秒の制限時間で解く練習です。

 

私のレッスンでは問題の解答根拠と出題意図だけでなく

品詞分析と構文把握を含めた解答プロセス全体を解り易く教えます。

公式TOEIC問題集4567共通サンプル問題PART5解説(要テキスト参照)

READING TEST

1文目 In the Reading test 〜

comprehensionは名詞で意味は「理解」

名詞と名詞の連続は前の名詞が形容詞に変化しますので

reading comprehension questions の意味は「リーディングの理解の質問」

2文目 The entire Reading test will last 75 minutes.

entireは頻出の形容詞で意味は「全体の」

willは「でしょう」の予測ではなくて「これから」の確定。

lastは決して形容詞の「最後の」ではありません!

will助動詞の直後は動詞の原形です。意味は「続く」

3文目 There are three parts 〜

Thereは副詞なので主語ではありません。主語は名詞のみです。

意味は「そこに」ですが文頭にある場合は訳しません。

副詞be動詞名詞の語順は「主語がある」の文意です。

4文目 You are encouraged to answer 〜

encourageは動詞で意味は「推奨する・奨励する」

to answerは to V=不定詞で意味は「これから答える」

answerの目的語はquestions。

as~as possibleは副詞の熟語で形容詞のmanyを修飾しています。

withinは前置詞で名詞のtimeとセット。意味は「以内」

allowedはtimeを後置修飾する過去分詞の形容詞で受け身の意味。

「許可された時間」すなわち制限時間です。

PART 5 Directions:

1文目 A word or phrase is missing in each of the sentences below.

be動詞+Ving現在分詞=進行形で意味は「途中」

missは動詞で「不足する」in前置詞はeach名詞とセット。

of前置詞はsentences名詞とセット。前置詞+名詞は1セットずつ。

belowはsentencesを後置修飾する形容詞で意味は「下の」

2文目 Four answer choices are given below each sentence.

このbelowは前置詞で名詞のsentenceとセット。

3文目 Select the best answer to complete the sentence.

名詞(to不定詞)=(形容詞) answerを説明する to complete the sentence.

4文目 Then mark the letter A,B,C,or D on your answer sheet.

Then は副詞で主語ではありません。意味は「そして・それから・そのとき」

動詞の原形=命令文の主語は常にYou。letterは「手紙」ではなく「文字」

サンプル問題13.14.は無料体験レッスンで詳しく解説しております。