TOEIC 読解の勉強法

 

本番では75分間ずっと英文を読み続けます。

したがって読解を中心に勉強するべきです。

読解には単語・熟語・文法・構文・文脈・文章・展開・等々の全部が必要です。

読解すれば全部を同時に習得できるので最も効率的です。

 

しかし読解の独学は非常に困難です。

単語・熟語・文法・構文・文脈・文章・展開を個別に覚えていたとしても

今読んでいる英文にどれを適用すべきかの判断が瞬時にできないからです。

例え判断したとしても、その判断が正しいどうか自分では分かりません。

ですから読解は読み方を聞いただけでは全然ダメ。

正しく適用できているかを指導者にチェックしてもらうことが必要です。

この勉強法を「読み合わせ」と言います。

実は読解こそ1対1の個別指導が最適です。

 

手順の理解

英文には読み方があります。TOEICにはTOEICの読み方があります。

まずは本文の枠組みを把握して設問をチェック。文単位の理解から

前文後文の繋がり、言い換え、論理関係、全体の構造、実際の状況

さらには出題意図までハッキリ解って読み進むための方法です。

この方法を理解することがTOEIC読解の勉強の基本なのですが

実はTOEICの参考書や問題集には読解の方法を解説しているものは

ほとんどありません。解説に設問の該当箇所が書いてあるだけです。

しかし本文を正しく読めなければ、正解を選ぶことは困難です。

 

全文を読解できる能力

試験当日は読めた英文だけで答えを判断すればよいですが

普段の勉強では1つでも多くの英文を正しく速く読めるように訓練しなければ

試験当日に理解できる本文の比率は上がらず、問題の正解率も上がりません。

 

適用の反復

1回理解しただけでは本番で理想のスピードは出せません。

同じ英文でもスラスラ読めるまで繰り返し読みましょう。

本番の精度と速度は練習で正確に読んだ回数に比例します。

 

ストーリーの蓄積

公式問題集に載っている英文と似た話や同じ展開が本番で出ます。

普段の勉強で実際の状況とその背景まで考えていれば本番で楽です。

知っているストーリーは多いほど有利になり速く読むことができます。