TOEIC特徴と講師比較

 

TOEIC = Toeic Of English for International Communication

の略称であることを知っている人は少数派です。

実際にはコミュニケーション能力というより情報処理能力の

試験であることは受験した人の大多数が実感します。

事実、他者の感情に敏感なコミュニケーション能力が高い人よりも

勉強、特に試験に強い人の方が良いスコアを出します。

スポーツや楽器と共通点も多く、適切な方法で多量に練習する人は

才能があるだけの人よりも良い結果を出します。

純粋な英語力だけでなく幅広い教養や社会人としての常識

特にインターネット関連は流行についていくことも必要です。

 

下記は講師のタイプです。

A 外国人

全く役に立ちません。外国人は日本人に解らないことが解りません。

特に福岡に来ている外国人でTOEICに詳しい人は皆無です。

B 英会話講師

帰国子女は慣れと感覚を重視。留学経験者は過剰な努力を要求。

試験問題の分析と対策は苦手で受験指導には向いていません。

C 受験エリート

一流大学学部卒。特に中学も高校も一流だった人は理解も記憶も迅速。

だからこそ、勉強が苦手な人を教える能力はありません。

D 元ビジネスマン

総合商社であっても個人の強みは特定分野に偏ります。

逆にTOEICでは色々な業種の知識が浅く広く必要です。

E TOEICオタク

知らないことを無くそうとしているので知識を重視しますが

普通の人が学ぶべきことは知らないことに対処する方法です。

 

全国的に有名なTOEIC講師全員を私は東京に行って見学しましたが

全員が期待外れで効果無しの授業をしていました。

生徒が解っていないことを解っておらず

生徒が必要とする説明をできていませんでした。

 

私は普段のマンツーマンの個別指導で生徒様が解らないことを

しっかりと把握しております。弱点は人それぞれに違います。

その方に特有の弱点を発見して丁寧に補強できる講師だけが

最高の時間対効果と最速のスコアアップを実現できるのです。