TOEICを受験する高校生の方へ

 

推薦入試でTOEICのスコアが必須の大学の増加に伴い高校生の受講も増えています

実績は早稲田佐賀・上智福岡・福大大濠・福岡女子・福岡雙葉・福岡海星女子学院

進学先は早稲田・上智・明治・立教・関学・西南です。

 

受験者の大多数が大学生か社会人のTOEICに高校生で取り組むことは

先進的でやりがいある素晴らしいチャレンジです。

実はTOEIC以外の英語の試験は全て意味が無いことは

社会人になれば誰でも分かります。

校内試験の成績は校内でしか通用しません。

大学別の入試問題もその時だけです。

英検は時代遅れとなり上位級の受験者数は減少しています。

対してTOEICは多数の大学の推薦入試や大学院受験で使えます。

就職では大都市・大企業であるほど通用します。

転職でもハイスコアは大きな威力を発揮します。

昇格昇給や海外赴任にハイスコアが必須の会社は増加しています。

スコアだけでなくTOEICの勉強で学べる実用的な知識や技術は

大学生と社会人になって英語を使用する場面で必ず役に立ちます。

 

英会話講師にTOEICを教える技術はありません。

TOEICはリスニングとリーディングの試験です。

発話と発音ではありません。

高校の英語教師にTOEICを教える能力はありません。

彼らの全国平均点はたったの620です。

この点数は受験者全体の平均580とほとんど変わりません。

TOEICはTOEICの専門家にお任せください。

高校生でも絶対に良く分かる教え方で教えます。

そして最低でも英語教師の平均点620以上の結果を保証します。